いわき市の建築会社 一級建築士事務所

株式会社 創建舎

0120-824-333

Feelings

家づくりへの想い

 創建舎の家づくりに対するこだわり

いい家を建てたい。だからどうしてもこだわりが出る。
私たちはお客様に、「快適に過ごして欲しい。そして、安心して住んで欲しい。」という想いを持っています。だから「いい家」を建てたいと思っています。
では、どんな家がいい家なのでしょうか。人それぞれ考え方にもよるので判断が難しいところです。

でも売れるからと言って、
「見た目だけが格好のいい家」、
「豪華に見える設備がある家」、
「価格を優先するために見えないところで質を落とす家」
を建てたいとは思いません。
私たちは、家創りにこだわりをもっていて、いい家をつくるためには先に挙げたような安易な妥協はしたくないと考えています。

そんな私たちだから、丈夫で長持ちする家、気持ちよく過ごすことができる家であることがいい家の必須条件だと考えています。
だから見た目だけでなく、わかりにくい所や目立たないところも手を抜きたくなくて、どうしてもこだわってしまいます。

しかしどれだけ性能や品質が良くても、住みにくかったり、その人のライフスタイルに合わない家であればいい家とは言えませんし、金額が高すぎればただの理想論です。

また反対に、住みやすい間取であっても、建物の品質・性能が悪く、すぐに建て替えなければならないような家ではやはりいい家とはいえません。

価格は安ければ、安いほどよいとは思うのですが、品質と価格のバランスの良い家が私たち創建舎の目指す家づくりです。

創建舎が考えたハード的ないい家とは

いい家を造りの条件とはどんなことでしょう。
一つは、ハード面での、耐震性や断熱性、耐久性といった「建物自体の品質・性能」に関する事柄でしょう。
この事柄は、私たちは、お客様の生命と財産を守ることが大前提なので、高額な建物、建物の大小にかかわらず、同じでなければならないと考えます。

工法については、「この工法がベストです」とおっしゃる方ががいらっしゃいますが、私どもは、お客様の要望を聞き、お客さまにとってベストな工法を選びます。

私どもは、建築のプロとして、どんな工法にも精通した技術者集団です。

創建舎が考えたソフト的ないい家とは

さて、いい家の「うつわ」を造ることはできました。でも、「うつわ」だけでは「いい家」にはなりません。
この「うつわ」に「なにをどうやって盛り付けるか」が大切です。

つまり「生活しやすい建築プラン」をどう考えるのか、ということです。生活しやすいプランを作るのには少々時間がかかります。

具体的な要望を満たすよう考えることはもちろんですが、その人のライフスタイル・好み・考えを考慮してプランニングする必要があるからです。だから、当たり前のことですが、1棟1棟、建てる人の個性がでてきます。

そのような家は大量に造ることはできないので、どうしても年間の建築棟数には限りができてきます。施工能力としてはもっと建てることはできますが、それをすれば「お客様と関わる密度」が薄れ、生活しやすい家を建てることが出来なくなってしまいます。
また、建築棟数をあまり増やしてしまうと、現場管理がおろそかになり、施工品質を落としてしまうことになります。

お客様にとってのいい家づくり

私たちが自信を持っているのは「丁寧に施工をする力」「お客様の希望にこたえるプランニングする力」です。
こればかりは説明が難しく、上手に伝えられないのが残念です。

しかし、規模の大きな会社や、ハウスメーカーよりは、より密度の濃い「お客様のための家造り」をすることができると思っています。
「高品質でこだわりのあるいい家を造りたい。」この言葉がわたしたちの切なる願いです。